名前のとおり、苦労する7番のブログです。


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

7番

Author:7番
kawasaki馬鹿+Ducati馬鹿な普通のサラリーマンです。

現在は Ducati 998 KSR 110の2台体制 
トランポはファミリートランポ仕様と言う新しいジャンル?の
ステップワゴン(RF-1)です。

出来ればですが、ZRX1100とでの3台体制と夢を見てます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドゥカティの本音
今回は、ドカの中間パイプを磨いてみました。エキパイも・・・・
びっくりしました、溶接スパッタを殆んど、取っていない。
磨くにも磨けない。。。。(スパッタとは溶接時に飛び散る溶接粒)
エキパイ、ざらざらと言うか、吹き出物状態。。。(--:)

で、エキパイ、中間パイプはステンレスなんですが、パイプをベンダーで曲げたまま。(--:)
国産車などでは曲げて洗浄(酸洗い)などで、曲げ後(ベンダー跡)を綺麗にしてるのですが
ドカ(998)は、そのまま! ベンダー傷はバッチリ、そのまんま。。。
おまけに、パイプは多分素材そのまま・・・、酸洗いなどしていない。
ビューエルでも(失礼ですがごめんなさい)綺麗なのに。。。

おかげで、まずは、ヤスリでスパッタ取りをしてから、耐水ペーパーで磨く事に。
素材表面はイケるのですが、ベンダー跡は、凸凹してるんで中々出来ない。
で、ステンマジック、ピカール、メタルコンパウンド等を使ってみるが納得できません。

ある程度って事で、今回は我慢しました。次回はもっと気合いれて新兵器など投入を
考えています。画像は我慢した仕上げです。次回するかは、わかりませんが。。。(^^:)

ドゥカティの本音


DSCF0505_convert_20091124230223.jpg



でも、勝手な解釈ですが、ドカの本音ってのが少しづつですが分かってきたような気がします。
(対した事は無いんですのでご勘弁を)


       「必要以上の事もしない、必要以下の事もしない、それがDUCATI」


聞きかじりな名文句ですけどね、自分で触れる所を触ったらわかります。

例えば、998のカウル、シートを外すのには10分と掛かりません。。。
エキパイを外すのも5分ぐらいかな?
タンクを外すのにも、びっくりです。
こんなのでいいの?です。
(素人のサンデー整備、一人でも)

作る?事に対しては作りは凄いんですが、前提は走るって事かな?と
上記の事も、整備するに対して、整備しやすい(サーキット等で)と思います。

造りが国産とは大違い!の感想。

バッテリーは上がりやすい、ベルトは走行距離、乗り方に応じて交換、クラッチも・・ですね。
でも、乗るんやろ!走るんやろ!と言われてる気がします。

乗り手に厳しく迫ってくるし。笑

STOP&GO に対しても乾式クラッチは、意識させます。

「キチンと合わせろよ」 と・・・・・

そんな本音が聞こえてきそうです。



でも、新車価格であの仕上げは・・・・あかんよな~~~~。苦笑
乗る事にも品質にも、強烈なDUCATIですわ。

1098なんか巡航速度で走っていて(6000回転ぐらいらしいです)
燃えたとか・・・・・

なんだか強烈過ぎです。

でも、本音は、走れ!ですかね。

DSCF0507_convert_20091124230259.jpg





スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://9607.blog89.fc2.com/tb.php/9-5dc640f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。