名前のとおり、苦労する7番のブログです。


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

7番

Author:7番
kawasaki馬鹿+Ducati馬鹿な普通のサラリーマンです。

現在は Ducati 998 KSR 110の2台体制 
トランポはファミリートランポ仕様と言う新しいジャンル?の
ステップワゴン(RF-1)です。

出来ればですが、ZRX1100とでの3台体制と夢を見てます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


装備のメンテ
日曜日は朝から雨・・・(--)
バイク乗りには最悪な雨。
しかも、我が家のガレージは青空ガレージですのでバイクも触れない。

そこでカドヤさんにツナギの修理に行って来ました。
リベットを救急士?消防士?さんに引きちぎられて約1年ちょい前
中々修理をしないで置いていたんです。

クラッシュキング。。

DSCF0679_convert_20100201231354.jpg




今のツナギに無い重厚さがあります。ほんまに重い。。
しかも、ベンチレーション有りません。ミニモト4時間耐久の時は暑くて
フラフラになった思い出も。
岡山国際でも暑い最中、これ着て走ってました。

332618454_241_convert_20100201224521.jpg


でも、これ、縁起の良いツナギです。
鈴鹿ミニモト4時間耐久ではクラス10位、岡山国際では表彰台の2位と
暑くて重くて大変だけど、縁起の良いツナギです。

さて、カドヤさんに修理をお願いするとその場でリベットを打って
直してくれました。しかも無料で。(^^)
ホントに良いのですか?と聞いたら、
「また何かあれば持ってきてください」と。。。
売るだけの店が多い中、嬉しかったですね~~。

何度も転倒してきたツナギですけど安心感が有ります。
破れたりするツナギもありますけど、これはガッチリです。

僕の若い頃(10代の頃)に先輩に言われた事を思い出します。
『ツナギは一生もんやで』と。

685222717_155_convert_20100201231446.jpg


ツナギもメンテナンスが必要です。埃を落としてオイルを塗って
ガッチリ重くなりました。(^^)


スポンサーサイト

流用カスタム
以前から、やってるカスタムを・・・(^^:)
笑われるかも知れないが意外に役に立ってます。

カッコ良く言えば、「パーツクリーナーノズルチューン」

普通に言えば、「再利用ノズル」

悪く言えば、「セコいノズル」 

DSCF0662_convert_20100121010409.jpg


でも、これ、サーキットなどで、どうしてるの?と何人かに聞かれました。
普通に付けてますから、あれ?と思うみたいで見せてと言われたりです。

ワコーズのパーツクリーナーはノズルが折りたたみ式で非常に使いやすい。
でも、このパーツクリーナーは価格が高くて非常に使いにくい。苦笑

一方、ホームセンターなどで売ってるパーツクリーナーはノズルが脱着式
いざと言う時、ちょっとな時に、面倒くさくて使い辛い
でも、価格が安くて使いやすい。笑

って事で、良い所を合体させてみよう~!って事。
でも、ワコーズさんも考えてる。
ワコーズのパーツクリーナー以外には
普通に外しても他の缶には付けられない構造になってます。
でも、ちょちょいと加工すれば、安くて使いやすいパーツクリーナーに変身です。
なんせ、ワコーズのを一本買うと考えたらホームセンターのは5~6本買えます。
しかも、内容量の多いしね~~~。

でもワコーズさんのは中乾性(乾くスピード)で塗装面とかにも優しいとの事。
一方、ホームセンターのは速乾性で、結構、キツイみたいです。ゴムなどにはあまり良くない感じです。
(劣化を早めさせるようです)

要するに、使う場所、使い方です。
僕は、どっちも使いますが、良く使うのがホームセンタークリーナー。
なんせ、200円以下ですから。笑
でも、高くてもワコーズも使います。(^^)

まれに同じ様にされてる方が居ますが,テープでくっつけていたり見栄えが取ってつけたみたいで
(--:)。。って思います。見栄えも大事ですからね~~~!苦笑

最後にもう一つ、このノズル(折りたたみ式)は法律上で容量によって販売が出来る、出来無いが
あるみたいです、大きいパーツクリーナーは×らしいです。
ワコーズ容量でギリギリみたいです。(ワコーズさんの人が言ってました)
この様な「ノズルチューン」は、自己責任って事です。

他にも整備用?にカスタム物があるので、ご紹介します。

苦労と言っても、楽しく苦労して苦笑いする7番でした。(^^:)



Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。