名前のとおり、苦労する7番のブログです。


09<<  2017.10 >>11
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 

プロフィール

7番

Author:7番
kawasaki馬鹿+Ducati馬鹿な普通のサラリーマンです。

現在は Ducati 998 KSR 110の2台体制 
トランポはファミリートランポ仕様と言う新しいジャンル?の
ステップワゴン(RF-1)です。

出来ればですが、ZRX1100とでの3台体制と夢を見てます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QRコード


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


これもメンテです。
なんだか久々で偉そうですいません。

僕のドカで気になってた事が、実はタンクの擦れ傷。
多分、前オーナーがタンクバック等で擦れ傷を付けてしまったようで
中々綺麗に取れなかったんですけど、今回、色んなアドバイスを
プロ中のプロに教えて貰って実践してみました。

まずはタンクの擦れ傷(ワックス等でも消えないぐらい深め)部分を
耐水ペーパーで馴らします。これが結構ビビります。。。
これがやはり怖くて出来なったんですけど、いままで。
プロは800番ぐらいからやっても大丈夫と言われてましたが
僕は削り具合が分からないから2000番で軽く削りました。
もちろん、水を付けてです。笑
傷がうっすらになった所(完全に消えない程度)で止めます。
この時点で耐水ペーパーを当てた所はうっすらと白くなりヤバい感じです。

ここからはコンパウンドの登場ですが、これが大事ですわ。
コンパウンドと言ってもコンパウンドも粗め、細め、微粒子等在りますが
プロのお奨めは住友3Mのコンパウンドです。
僕が今回選んだのはハード2の超微粒子です、理由は耐水ペーパーと同じですね。


mono07559465-060228-02.jpg


これを付けて磨くのですがタオルでは無く、肌着とか生地が柔らかいTシャツ
です。。決してタオルとかは×です。タオル自体で磨き傷を付けます。
後は、多めにコンパウンドを付けてゆっくり(動かす速度)を立て立て。。
横横と磨くと。。(^^)です。


傷の深さ(下地が見えてる等は×ですけど)によっては、ほとんど
分からなくなります。

実は今回アドバイスを頂いたプロ中のプロとは?
某カワ○キワークス等のレース用の色を塗られてる方です。
塗りでは無く、磨く事を教えて頂きました。
仕上がりは画像の通りです。(^^)


DSCF0740_convert_20100317221346.jpg



DSCF0711_convert_20100318003025.jpg




前から思ってるんですけど、洗車、磨きはメンテと僕は思ってるんです。
洗う時はじっくり洗って、ゆっくり磨く。
磨きながら休憩して各部分を点検する、気になる所を見る。
これって凄い基本なメンテだと。 目で見るメンテだと。
注油したり、マシ締めしたり、汚れ方では悪い所もわかるしね。


汚れっぱなし、乗りっぱなしのバイクは見ていて、可哀相やし
怖いですもんね。


*体操な事を書きましたが、やっぱし綺麗なバイクがいいですね。(^^)

DSCF0704_convert_20100317221731.jpg

えへへへへ(^^:)
スポンサーサイト

盛って削って
結構、御無沙汰です。
御無沙汰中にも、色々やってまして。。。


さて今回は気になってたドカの傾斜角(サイドスタンドで停めた時)
買った時から気になってたんですけど、916系ってこんなんなん???と思いながら、
約半年間そのまんま。感覚で言うとリヤタイヤが浮きそうな感じぐらい

サイドスタンドが曲がってるのか?ベースが曲がってるのか?ベースがヘタってるのか?
と思ってまして。。。画像は外しただけのベース

100220_171341.jpg


100220_185306.jpg


そこで思い切ってベースを外してストッパー部を溶接して盛って削る!
しか~し、溶接機が無い!溶接技術が無い!
過去に遊びで芸術作品を作っただけ。。。。。(--:)

そこでいつもお世話になってるバイク屋さんにお願いしたら、

「お!ええで!溶接機、出しとくわ~♪」

やって。。。。(--:) あかん、自分でやれ!やわ。。
いつもの事やけど。。。


でベースを外す事に。
でも、ここでも、問題が!ベースのボルトが堅い!!
少しづつ緩めるもラチェットが空回りするぐらい。
緩めては締めて緩めては締めて。。。やっと抜けた。
ボルトのネジ山を見るとロック剤も言うほど塗って無い?感じです。
ネジが曲がってる?と思いながらノギスを当ててみたけど曲がってる様子も無い。
多分、イタリア品質の気がします。タップがイマイチな感じです。(--:)

ネジ部をどちらも洗浄して、アンチシーズ(かじり防止剤)を塗リ塗り・・
スッとでは無いですが普通に入るようになりました。。。


んでもってバイク屋さんに。。。
溶接、下手なの知ってるくせに。。(て言うか出来へんのん知ってるくせに)
嬉しそうに溶接機を用意してくれてます。

んで、バチバチ!!っと!おお!盛れてるやん!でも、あかんわ。。
それ見て、「しゃあ無いな~~任しとけ!」って感じで
店主自ら、バチバチ!とさくさくと、盛ってくれました。
んでもって、エアーベルトサンダーで荒削り。

後は家に帰って手動ヤスリで加工、最後は錆止めとしてスプレー。
出来たベースは画像です。

DSCF0719_convert_20100228000752.jpg


DSCF0722_convert_20100228000911.jpg


ちょっと今度は逆に立ち気味?って感じですけど。笑
まあ、調整しながら削ります。

ほんまに、苦労する7番でした、でもね、楽しい苦労なんやろうね。笑




ちょっとだけ乗りました。(^^)
寒かったけど、乗りたくて。。

乗りました、散歩程度だけど。

山にまだ寒いし、路面が気になるしで行ってないけど、楽しい~~!!

今回はちょっと違うアングルでドカを撮ってみました。
どないですやろ??笑


DSCF0686_convert_20100213210958.jpg



DSCF0688+-+繧ウ繝斐・+(2)_convert_20100213210849


で、当たり前かも知れないけど、んで分かってたけど。。。
街中、この時期で軽く走って水温90℃上がるか!!!笑



乗りたい!
先々週は雨で、先週は結婚式(会社の後輩)+結婚記念日で。。。

もう2週間も動かしていません、ドカ。
エンジンは掛けたり、風呂上りに、眺めたりしてたけど。。

DSCF0581+-+繧ウ繝斐・_convert_20100211002207



『乗りたい!!』


その一言。


明日の天気は??? 空を見上げて悩む7番でした。(--:)

Ducatiの必需消耗品?
Ducatiの必需消耗品?(916系)だけなのかな?
それとも、僕が下手なのか?

というのもハンドルグリップの事です。
998を買ってから、気になってた部分、アクセルグリップなんですが
買った時は、ワイヤリングもしてなくて、少し、べろ~~んとなってました。
グズグズ気味で嫌だったんで、新品に速攻で交換。
そしてワイヤリング(ズレ防止用)しましたが。。。。
もうこんな感じです。

DSCF0565_convert_20100202222726.jpg


DSCF0566_convert_20100202222758.jpg

画像ボケまくりですけど摩耗が凄い。
距離にして約2000キロ、時間にして約4ケ月ぐらい・・・
今までこんなに激しくグリップが摩耗したのは初めてです。
ハイグリップタイヤよりも摩耗が速い。(--:)
これって、選んだグリップの材質?乗り方なのか?916系だから?
ちなみにプログリップのジェルの奴です。

う~ん、タイヤよりもグリップが摩耗が早いのは初めてです。
ちょっと悩みます。。。加重の掛け方が×なのかな?

ちなみにグリップの摩耗してる部分の裏側は普通なんですけどね。
また交換しないと。。。。






Design&Material By MOMO'S FACTORY


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。